ブラックからホワイトに転職した営業ウーマンがした3つのこと

アーリーリタイア

ブラックからホワイトに転職できた3つの行動

ブラック企業に勤めるのは毎日苦痛ですよね。

かと言って、転職する時間も気力もないし。最悪、再就職先がブラックのリスクだってある。

それなら、このままでいいのでは?と思ってしまいます。

私は3回転職して4社目で、やっとホワイト企業に就職できました。具体的にどんなことをしてきたのかを記載します。

就職したいけど、勇気がない。背中を押して欲しい。何からすればいいのかわからない人に読んで欲しい記事です。

 

趣味で気の合う知人を作る

持つべきものは友とは昔からよく言ったものです。

同じ趣味を持つ&気の合う仲間の情報は大事。自分の価値観に合いそうな仕事の情報がドンドン入ってきます。

「今、どんな仕事しよると~?」「上司はどんな人?」と、仕事の話やグチもしますよね。

例えば、休みが自由にとれることが第一条件の場合

友人A「毎日22時まで仕事しよる。うちの業界では定時に帰れるって話は聞いたことないばい」→残業が多いんやな。

友人B「暑い時期が稼ぎ時やけん、夏休みは10月にまとめて取るばい」→夏は難しくても秋に海外旅行が出来そうやな。

こういう生の情報で業界を絞る事が出来ます。

時々、友人が務めるホワイト企業の人事部を紹介してもらえることもあります。
会社の立場では、まったく知らない人より紹介された方が安心なので。ただ友人が”デキる社員”であることが前提です。笑

ちょっと話はソレますが、自分にとって何に妥協出来て、何は出来ないかをしっかりと向き合うことは大事です。

例えば…
給料は妥協できない。年収800万円以上なら残業やブラック企業でもいい。とか、子供が小さいので定時に帰れるなら給料は300万でもいい。という自分なりの価値観とボーダーラインを作ることは転職するには必須です。

ぶっちゃけ話が聞けるのは嬉しい。聞いた相手の感情的な部分も入る点は注意してね

社長などが好きな趣味をするのも、転職に強い人脈が出来ます。

例えば、テニス 狩猟 ヨットなど。

情報収集(飲み会・SNS・電話)

前述した内容と、かぶります。
飲み会・SNS・電話でもある程度の情報収集は可能です。

面と向かう方が『実は、、ここだけの話、、』があります。

しかし、zoom飲み会でも上司、給料、失敗談、ライバル会社などの話が聞けますので積極的にコミュニケーションとりましょう。

相手の会社は実力主義なのか、雰囲気がいいか、転職して給料アップ出来そうか、社員募集中か・・いろいろな情報がわかります。

『おっ?!この会社はホワイトな匂いがする。キャリアアップも出来そうやん?!』と思った場合は、転職先の候補に入れましょう。

Aさん「部長ノリが良くて、優しいっちゃ~♪」
あなた「なら、その部長と飲み行かん?」と、ダメもとで言ってみる。友達と部長のバックアップが得られれば、社員募集のタイミングでチャンス到来になるかも~と、妄想するだけで楽しい。

電話・SNS・ブログ・インターネット・伝書鳩・本etc…自分に合う手段で日々情報を集めます。

中途採用はコネや情報がある方が断然優位です。

正しい情報を得る力と素敵な友人を持つ事は、仕事や人生を豊かにします。ガセネタに振り回されずダマされず、有益な情報を集めてください。

情報が多ければ、信頼できる人の情報や本を重視するのが吉。

 

悩む時間があれば行動してみる

どないしよ~と悩んでいる時間がもったいない。気になったらすぐに行動。

情報収集だけして、勉強ばかりして、行動しない人は9割です。

行動すれば成功するかもしれない。

行動しなければ100%失敗です。

動きながら悩めばいいのです。失うものはないのだから。

お勧めは転職エージェントに登録

入社した時はホワイトだったけど、ブラックに変わることもある。終身雇用の崩壊で突然リストラされるかもしれない。

だから、情報収集を怠らずキャリアアップしながらホワイト企業を日々探すしかない。

もしくは、ブラックだのホワイトだの言わないで自分で企業する道もある。

ブラック企業を経験するもの人生の糧になります。無駄ではありません。
でも、妥協しながらブラックで消耗することもありません。

もう年だから…とりえがないから…と考える時間があるなら、すぐに転職エージェントに登録をしてください。

年収upや転職に何が足りないか教えてくれます。会社にバレるリスクはありません。

自分の市場価値を知るチャンスです。足りないスキルがあれば、努力すればいいのです。

失うものはなく得られるものはあります。

楽しく仕事をするために、一緒に最初の1歩を踏み出しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました